[Vuforia]Area Targetsを使ってみた

作ったもの Vuforia EngineのArea Targetsという機能を用いて、シェアオフィスの共用部に対して、説明や予約システムのデモを作成しました。 Area Targetsは事前にスキャンした空間をトラッキング対象として、AR表現をすることのできる機能です。 実行環境 Unity 2019.3.0f3 Matterport Pro2 Vuforia Engine 9.0 iPhone 11 Pro Vuforiaとは Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。 VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。 AR開発では定番のUnityに標準でVuforiaがサポートされている点も素晴らしいです。 マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。 詳しくはこちらをご覧ください! 今一番ホットなARライブラリ「Vuforia」とは 今回はスキャンした空間をターゲットにするArea Targetsを使っていきたいと思います。 Area Targetsとは Vuforia Enginetの他の機能である、Image …

[Vuforia]Image Targetsの検証

Vuforia EngineにはImage Targetsという機能があります。 今回は、Image Targetsという機能でマーカー数を増やした場合、Cloud Recognitionを使用した場合の検証をしてみました。 Image Targets Image Targetsは2次元のマーカーのトラッキングをする機能です。 ARの基本中の基本であるイメージトラッキングができます。 詳しい実装に関してはQiitaで紹介しているので、是非そちらをご覧ください。 https://qiita.com/kot10n5tn/private/c0859463d77123fb7969 複数のターゲット Vuforia Engineでは、同時にトラッキングできるマーカーの上限は10個を推奨しています。 そこで、20個同時にトラッキングした場合どのような挙動になるのか検証してみました。 ターゲット6つでトラッキング pic.twitter.com/htPgiLeM1w — こーや (@koyataroo) May 31, 2020 ターゲット20個でトラッキング pic.twitter.com/qg2vUaaBmO — こーや (@koyataroo) …

[Vuforia]ARでRaspberry Pi 4のパーツ説明をしてみた。

作ったもの Raspberry Pi 4にアプリでかざすと、分身して、集合して大きくなるキングスライム風のアニメーションを入れてみました。 ラズパイのそれぞれの部品をタップすると説明が表示されるようになっています。 技術について Unity 2019.3.0f3 Vuforia 9.0 iPhone 11 Pro iTween Vuforiaとは Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。 VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。 AR開発では定番のUnityに標準でVuforiaがサポートされている点も素晴らしいです。 マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。 詳しくはこちらをご覧ください! 今一番ホットなARライブラリ「Vuforia」とは 今回はスキャンしたオブジェクトをターゲットにするObject Recognitionを使っていきたいと思います。 Object Recognitionとは VuforiaにはObject Recognitionというスキャンした物体をマーカーにする機能があります。 AndroidでVuforia Object Scannerを使用することで物体をスキャンすることができます。 …

今一番ホットなARライブラリ「Vuforia」とは

Levetty株式会社代表の岩佐です。 今回は今一番ホットなARライブラリであるVuforiaを紹介していきます。 Vuforiaとは Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。 VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。 AR開発では定番のUnityに、2019年から標準でVuforiaが搭載されている点も素晴らしいです。 マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。 これは僕がAR名刺をUnity+Vuforiaで作った時の動画ですが、ほとんどぶれていないのがわかるかと思います。 Vuforiaとは Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。 VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。 AR開発では定番のUnityに標準でVuforiaがサポートされている点も素晴らしいです。 マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。 AR名刺作りましたー!☺️ 良い自己紹介動画がなかったので、プロボクサーに殴られてる時の僕を起用しました! pic.twitter.com/RVKPR5T4zY— こーや@AR大学生 (@reo2317) December 11, 2019 これは僕がAR名刺をUnity+Vuforiaで作った時の動画ですが、ほとんどぶれていないのがわかるかと思います。 Vuforiaの特徴 Vuforiaの一番の特徴は、簡単に正確なマーカートラッキングをすることができるところです。 画像をアップロードして、ImageTargetを配置して、その配下に3Dモデルを置くだけでARアプリが作成できます。 Extended Trackingという機能で、動かない対象物をマーカーにした場合にこの機能をオンにすると、カメラ内にマーカーが映らなくなってもカメラ外のどの位置にマーカーがあるのか推測して処理してくれます。 Ground Plane機能もあるため、平面検知をしてそこに3Dモデルを配置することもできます。 Unity+Vuforiaで開発する場合、図のように対応デバイスの差異を気にしなくて良いのがとても便利です。 …

webでARを作るときに使えるツールとできることをまとめてみた

こんにちは!フロントエンドエンジニアの@DragonTaro1031です。今回はLevettyのメディアに寄稿させていただいております。 ARがどんどんと盛り上がってきている今日この頃ですが、やはりまだまだネイティブアプリがAR開発の基本となっているのが現状です。ただ、ダウンロードの障壁が高いのでwebで実現できるに越したことはありません。 そこで、現在のwebのARでどのようなツールがあってどこまでできるのかを調べてみることにしました。 ARを実装できるライブラリ/サービス AR.js jsで3Dを扱うことのできるThree.jsとARをjsで扱うことができるJSARToolKitを元に開発されているライブラリです。決められた形のマーカーを認識してWebGLを使って2Dや3Dを画面上に描画することができます。 https://github.com/jeromeetienne/AR.js 上記のような特定のパターンの画像をマーカとして動作します。 webでARといえばこれというぐらいには有名なライブラリです。難しい部分をライブラリがラップしてくれているのでとても簡単に作ることができます。実際に例として提示されているものはたった10行ほどのjsのコードです。 ただし、マーカーはこの類の黒の枠で囲まれたものしか使えないので拡張性には欠けます。 大元のJSARToolKitがNFT(Natural Feature Tracking)という普通の写真をマーカーにしたARアプリが開発できるしようと、issueが立ったりコントリビュートしている人が見受けられたので対応されるのは時間の問題かもしれません。 “jsartoolkit5 nft”などで検索するとその様子を見ることができます。実際にこの記事を書いている途中にリアルタイムで更新されているPull Requestもありました。 Argon.js Argon.jsはArgon4という専用のブラウザでARアプリを作成するためのライブラリです。Argon4を使わなくても通常のブラウザで動作するように設計されているのですが、一部の高度な技術に関してはVuforiaというARを作成することのできるSDKを使っていてArgon4でしか動作しないのが現状です。 https://docs.argonjs.io/tutorial/ サンプルとデモが用意されていますが、試してみてもいまいちよくわかりませんでした。。 公式サイトによると先ほどのAR.jsのような特定のマーカでなく、NFTに対応したARアプリの開発や位置情報を用いたARが作成できるようになるようです。ただし、これらのNFTなどはVuforiaの機能を使っているのでArgon4でしか動作しないようです。 サンプルの動画をみたりArgon4を入れて試してみましたが、あまり安定感がなくアプリインストールのハードルが追加されただけの印象でした。また、iPhone10以降のUIに対応していないあたり最近も開発されているのかは怪しいです。GitHubも2017で更新が終わってるので。。 8th Wall マーカレス・画像マーカなど先進的なAR開発が可能なライブラリで、2018年ごろに彗星のごとく現れたライブラリです。かなり高機能でデモを見る限りかなり安定性もあってwebとは思えないARのアプリケーションが作れそうな印象を受けました。 ただし、このプラットフォームを使うにはライセンス料が必要でこれが最低でも1万円はかかりそうなのです。しかもよく見るとおそらく5万以上は月ごとにかかりそうでなかなか趣味開発どころかスタートアップでも導入が厳しそうというのが現状です。 有料なだけあって特にNFTはネイティブに匹敵する安定感でした。 https://github.com/8thwall/web/tree/master/examples/aframe#marker-based ぴったりと画像をトラッキングできていてかなりすごいなという印象です。上記のリンクからサンプルを試せるのでぜひ手元のスマホで試してみてください。 ただ、マーカレスの方は少し残念な印象でした。あまりワールドを認識できていないのか固定されている感が全然なくネイティブのARに比べるとかなり劣るなぁという印象です。 …

AR BasketBall

[Vuforia] 渋谷の駅広告でバスケしてみた

Levetty株式会社代表の岩佐です。 VuforiaというARライブラリとUnityを用いて、渋谷駅前でバスケットボールができるアプリを実装しました! 外でのマーカートラッキングは、太陽や天気の関係で想像通りに認識してくれないので、その知見を共有します。 ※自分でUnityでサンプルプロジェクトを動かしたことがある方を対象に書いています。 作ったもの 今渋谷の駅広告は、 ↓のようにソフトバンクの5G広告になっていて、その看板をマーカーにバスケのゴールを配置しました。 技術について Unity 2018.4.12f1 Vuforia iPhone 8 iOS 13.1.3 iTween iTween Editor Stable VersionであるUnity 2018.4.12f1を用いて実装しました。 iTweenはアニメーション用のUnityライブラリで、バスケットゴールが奥からウィ〜ンとせり出してくる感じを表現するために使いました。 標準のAnimatorでも全然実装できます! Vuforiaとは Vuforiaは元Qualcommが開発したAR向けモバイルビジョンプラットフォームで、現在はIoTソフトウェアメーカーのPTCが運用を行なっています。 ARエンジンはARKitやARCore、6D.ai、8th wallなどがありますが、Vuforiaは簡単に精度高くマーカートラッキングが実装できるのでオススメです!(無料で試せるのも嬉しい) Unity 2017.2以降ではVuforiaがデフォルトでインストールされているため、特にインストールする必要はありません!(嬉しい) 準備 …