[Vuforia]Area Targetsを使ってみた

作ったもの

Vuforia EngineのArea Targetsという機能を用いて、シェアオフィスの共用部に対して、説明や予約システムのデモを作成しました。

Area Targetsは事前にスキャンした空間をトラッキング対象として、AR表現をすることのできる機能です。

実行環境

  • Unity 2019.3.0f3
  • Matterport Pro2
  • Vuforia Engine 9.0
  • iPhone 11 Pro

Vuforiaとは

Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。

VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。

AR開発では定番のUnityに標準でVuforiaがサポートされている点も素晴らしいです。

マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。

詳しくはこちらをご覧ください!

今一番ホットなARライブラリ「Vuforia」とは

今回はスキャンした空間をターゲットにするArea Targetsを使っていきたいと思います。

Area Targetsとは

Vuforia Enginetの他の機能である、Image TargetsやModel Targetsは視界に捉えられる被写体に対するものに限られており、広い空間をトラッキングするために設計されたものではありません。

Area Targetsはスキャンした空間をトラッキング対象として、AR表現を行うことが可能になります。

特に、オフィスや、工場、美術館といった場所で、ゲームやナビゲーションを表示するのにとても有効です。

スキャン風景

Matterport Pro2という3Dスキャンカメラを用いて、このように空間をスキャンします。

実際にスキャンする際には、動画のように物陰に隠れて自分が映らないようにする必要があります。

まとめ

Vuforia EngineのArea Targetsは、精度よくオブジェクトを配置することができました。

Matterport Pro2が少々お高いですが、導入する価値は十分にあると思います。

実装についてはQiitaに詳しく書いたのでこちらをご覧ください!

https://qiita.com/kot10n5tn/items/65912f2cc155c75348c8

Levetty株式会社では、AR技術を使って様々なユースケースを発掘していきます!

Vuforiaに関してはSoftbank C&S様のこちらのページで詳しく説明されています。

Posted in AR

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *