[Vuforia]ARでRaspberry Pi 4のパーツ説明をしてみた。

作ったもの

Raspberry Pi 4にアプリでかざすと、分身して、集合して大きくなるキングスライム風のアニメーションを入れてみました。

ラズパイのそれぞれの部品をタップすると説明が表示されるようになっています。

技術について

  • Unity 2019.3.0f3
  • Vuforia 9.0
  • iPhone 11 Pro
  • iTween

Vuforiaとは

Vuforiaは、iOSやAndroid、PC、HoloLensといったAR/MRデバイスに対応したAR開発プラットフォームです。

VuforiaはPTCが提供していますが、元々はQualcommが開発しており、2015年にPTCがVuforia事業を6500万ドルで買収しています。

AR開発では定番のUnityに標準でVuforiaがサポートされている点も素晴らしいです。

マーカートラッキングを非常に得意としており、特徴点の多い(複雑な)画像であればほとんどぶれることなく3Dオブジェクトを配置することができます。

詳しくはこちらをご覧ください!

今一番ホットなARライブラリ「Vuforia」とは

今回はスキャンしたオブジェクトをターゲットにするObject Recognitionを使っていきたいと思います。

Object Recognitionとは

VuforiaにはObject Recognitionというスキャンした物体をマーカーにする機能があります。

AndroidでVuforia Object Scannerを使用することで物体をスキャンすることができます。

詳しくはこちら

https://library.vuforia.com/articles/Training/Object-Recognition

今回は、4GBのメモリが載ったラズパイ4を最近購入したのでラズパイをターゲットにしてみました!

スキャン風景

動画のように、ラズパイの上半分を全方位からスキャンしていきます。

全ての面が緑色になるとスキャン完了です。

1-2分あれば終わるので、かなり楽でした。

(Androidの画面収録が画質悪いみたいです、申し訳ありません。。)

あとは、Unityで実装していきます。

詳しくはQiitaをご覧ください。// TODO: Qiitaのリンク

Object Recognitionのユースケース

Object Recognitionを使うことで、物体の説明が容易になります。

https://www.it-ex.com/promo/vuforia/case-study/mercedes-benz/

上記の例では、ベンツの車内のボタンをARを用いて説明しています。

それぞれのボタンの役割を、ボタンに対して説明を表示することができます。

取扱説明書を読んで理解するという二次元の情報から目の前のものとの対応付けをするという工程が一般的です。

しかし、Vuforia Object Recognitionを用いると、目の前の気になっている部分に対して、情報をダイレクトに得ることができます。

まとめ

Vuforiaはマーカートラッキングに関して非常に精度が良いという印象でしたが、物体認識に関してもかなりの精度でした。

唯一、Vuforia Object ScannerがAndroidアプリのみでなく、iOSにも対応してくれたらなと個人的に思っています。

Levetty株式会社では、AR技術を使って様々なユースケースを発掘していきます!

Vuforiaに関してはSoftbank C&S様のこちらのページで詳しく説明されています。